アミノ酸の効果・効能はスゴイ

アミノ酸の効果・効能

アミノ酸効果効能を見てみましょう。

 

 

まずは、非必須アミノ酸の効果と効能です。

 

@グリシン
 保湿作用、制菌作用、酸化防止作用、キレート作用。

 

Aセリン
 皮膚の潤いを保つ。

 

Bグルタミン
 成長ホルモンの分泌を促進、筋肉のたんぱく質合成促進、
 胃腸の調子を整えるなど。

 

Cグルタミン酸
 知能を向上、潰瘍の治癒。

 

Dプロリン
 脂肪の燃焼。

 

Eチロシン
 甲状腺ホルモンや、アドレナリン、ドーバーミン、
 ノルエピネフリンの原料。

 

Fアスパラギン
 加水分解により、アスパラギン酸に変化。

 

Gアスパラギン酸
 老廃物の処理、疲労回復、肝機能の促進。

 

Hシステイン
傷の治癒促進、ブドウ糖の代謝促進、メラニン色素の沈着を防ぐ。

 

Iアラニン
 脂肪の燃焼。

 

Jアルギニン
 成長ホルモンの分泌を促進、一酸化窒素の働きによる血行促進、
 肝機能増強、脂肪の燃焼、免疫機能の向上、骨の強化など。

 

 

必須アミノ酸(9種類)の効果と効能です。

 

 

@ロイシン
 筋肉増加のためのタンパク質合成の促進、肝機能の増強。

 

Aイソロイシン
 筋肉増加のためのタンパク質合成の促進。

 

Bバリン
 筋肉増加のためのタンパク質合成の促進。

 

Cメチオニン
 肥満予防、コレステロール値の調整、抗酸化作用。

 

Dスレオニン
 成長促進、脂肪肝の予防。

 

Eトリプトファン
 脳内ホルモンのメラトニンやセロトニンの増加、
 成長ホルモンの分泌を促進。

 

Fフェニルアラニン
 神経伝達物質になる必須アミノ酸で、抑うつ症状を改善、
 気分の高揚。

 

Gリジン
 組織の修復や成長、抗体、ホルモン、酵素の合成、ブドウ糖の代謝や
 肝機能の増強、脂肪の燃焼。

 

Hヒスチジン
 成長に関与、神経機能の補助、紫外線の害の予防。

 

 

 

 

遊離アミノ酸の効果と効能です。

 

@テアニン
リラックス効果やストレス軽減効果、精神安定、疲労回復、
血圧を下げる、脳血管障害の改善

 

・タウリン
血糖値の安定、血中コレステロールを下げる、
糖尿病予防、不整脈の改善。

 

・シトルリン
抗酸化作用、動脈硬化予防、血流の改善。

 

・オルニチン
肝臓の機能の改善、疲労回復。