アミノ酸 種類

アミノ酸 種類

アミノ酸には、たくさんの種類があります。

 

 

アミノ酸は自然界には、およそ約500種類ほど存在しています。

 

 

そのうち、人体を構成しているのが約20種類のアミノ酸です。

 

 

アミノ酸は体内で合成できる非必須アミノ酸と合成できない必須アミノ酸があり、
合成できない必須アミノ酸は食物から摂取する必要があります。

 

 

◆必須アミノ酸と非必須アミノ酸
(必須アミノ酸)
・バリン
 筋肉の成長、肝機能アップ、美肌効果

 

・ロイシン
 筋肉の成長、肝機能アップ、育毛効果

 

・イソロイシン
 筋肉の成長、肝機能アップ、疲労回復、成長を促進

 

・メチオニン
 アレルギー緩和、うつ症状改善、老化防止

 

・フェニルアラニン
 記憶力を高める、鎮痛効果、皮膚疾患への効果

 

・トリプトファン
 不眠を解消、アンチエイジング、鎮痛効果、集中力、記憶力を高める

 

・ヒスチジン
 成長促進、慢性関節炎を緩和、ダイエット効果、脳神経を保護

 

・スレオニン
 脂肪肝の予防、成長促進、胃炎を改善

 

・リジン
 疲労回復、集中力を高める、肝機能を高める、脳卒中の予防

 

 

(非必須アミノ酸)
・アラニン
 肝機能を改善、アルコール代謝の改善

 

・グルタミン
 腸の健康、免疫力を高める、筋肉を強化、成長ホルモン分泌促進

 

・グルタミン酸
 アンモニアの解毒、脳を活性化、脂肪の蓄積を抑える

 

・アルギニン
 成長ホルモンの分泌を促進、免疫力を高める、アンモニアの解毒、血流を改善

 

・アスパラギン酸
 疲労回復、体調を整える、アンモニアを解毒

 

・アスパラギン
 持久力を向上、尿の排出を促進

 

・システイン
 美肌効果、疲労回復 

 

・プロリン
 関節痛を改善、美肌効果、脂肪を燃焼

 

・グリシン
 睡眠効果、抗うつ、美肌効果

 

・セリン
 美肌・美白効果、アルツハイマー病を予防、睡眠を促す

 

・チロシン
 うつ症状を改善、集中力を高める、ストレスを軽減

 

 

 

また、各組織にはタンパク質だけではなく、タンパク質が分解されたアミノ酸や
新しいタンパク質を作る為のアミノ酸が常に体内に存在しています。

 

 

これらのアミノ酸は、体内でプールされていて、
アミノ酸の在庫みたいなもので、遊離アミノ酸といわれます。

 

 

遊離アミノ酸は、肝臓や筋肉などの組織に限らず、
血液中にも多く存在し常に体内を循環しています。

 

 

どこかでアミノ酸が不足すると、
血液中のアミノ酸をとりこんでタンパク質作りの材料にします。

 

 

反対に、各組織でアミノ酸が過剰になると、血液中に遊離アミノ酸として放出します。

 

 

◆遊離アミノ酸
・テアニン
お茶の成分に多く含まれるアミノ酸。
リラックス効果やストレス軽減効果、精神安定や疲労回復などの改善、
血圧を下げる効果、脳血管障害に対する効果も報告されています。

 

・タウリン
心臓や骨、筋肉や目などに含まれているアミノ酸。
血糖値や血中コレステロールを下げる働きや、
糖尿病予防、不整脈の改善などに効果があります。

 

・シトルリン
抗酸化作用や動脈硬化予防、血流の改善などの効果があります。

 

・オルニチン
しじみに多く含まれる成分。
肝臓の機能の改善、疲労回復に効果があります。