アミノ酸は老化防止の最強成分

アミノ酸と老化防止

アミノ酸老化防止に効果が期待できます。

 

 

老化すると、筋肉の減少や筋力の衰えがみられます。

 

 

老化におけるこの筋肉の減少は、「サルコペニア」と呼ばれ、
40代以降は、年1%の割合で減少し、50代以降は更に加速します。

 

 

サルコペニアは、広背筋、腹筋、膝伸筋群、臀筋群などのに多く見られるため、
立ち上がりや歩行が困難になり、老人の活動能力の低下の大きな原因となっています。

 

 

サルコペニアの予防や改善には、
筋肉を刺激する運動と適切な栄養が欠かせません。

 

 

運動は、筋肉維持や筋肉増加に効果的な
筋力トレーニングが効果的です。

 

 

栄養面では、肉、魚、卵や牛乳、大豆などの
良質なタンパク質の摂取が推奨されています。

 

 

アミノ酸は筋肉のタンパク質を構成している栄養素ですが、
その中でも分岐鎖アミノ酸(BCAA)は筋肉に重要な成分です。

 

 

分岐鎖アミノ酸(BCAA)は筋肉を増加させやすく、
なおかつ筋肉の減少を防ぐ働きがあります。

 

 

分岐鎖アミノ酸(BCAA)は、
ロイシン、イソロイシン、バリンで構成されていますが、
特にロイシンが筋肉の増加や維持に重要な成分とされています。

 

 

ロイシンを摂取すると、体内でKIC(ケトイソカプロン酸)にあった後、
HMB(ビス-3-ヒドロキシ-3-メチルブチレートモノハイドレート)に変換されます。

 

 

このHMB(ビス-3-ヒドロキシ-3-メチルブチレートモノハイドレート)は、
サルコペニアによる筋肉の減少を防ぎ、逆に筋肉を増加させ、
運動能力を高めることが知られています。

 

HMB(ビス-3-ヒドロキシ-3-メチルブチレートモノハイドレート) は、
摂取したロイシンの約 5 % が体内にて変換されるといわれています。

 

 

そのため、老化による
筋肉の減少や筋力の衰えに有効であるとされています。

 

 

老化によるサルコペニアに対抗するためには、
乳製品、肉、魚、卵、大豆などの良質のタンパク質の摂取と併せて、
BCAAなどのアミノ酸なども積極的に摂取しましょう。