アミノ酸は免疫力を強力に高める

アミノ酸と免疫力

アミノ酸の中には、免疫力を高めるものもあります。

 

 

免疫とは、体内に侵入した細菌やウイルスを、
体から排除しようとする体の自己防衛機能のことです。

 

 

この免疫の要となるのが免疫細胞です。

 

 

アミノ酸を摂取すると、この免疫細胞が活性化します。

 

 

免疫力を高めるアミノ酸は、
「アルギニン」「グルタミン」「シスチン」「テアニン」「システイン」です。

 

◆アルギニン
アルギニンは、免疫細胞の
マクロファージを活性化させる作用を持っています。

 

マクロファージは、細菌やウィルスを攻撃してくれます。

 

また、アルギニン成分自体にも、
細菌やウイルスを攻撃する働きがあります。

 

 

◆グルタミン
グルタミンは、免疫機能の一つである、
キラーT細胞の働きを助けます。

 

キラーT細胞は、ガン細胞や
ウイルスに感染した細胞を攻撃します。

 

グルタミンは、このキラーT細胞のエネルギーとなるアミノ酸です。

 

また、グルタミンは、トレーニングや激しいスポーツで消費されやすく、
運動直後は急激に不足し、体内での合成では間に合わないのです。

 

その不足の状態が続くと免疫機能が低下してしまいます。

 

トレーニング後に風邪をひきやすいのは、
一時的にグルタミンが不足し、免疫力が低下するからなのです。

 

 

◆シスチン・テアニン
シスチンとテアニンは
お互いの相乗効果で免疫細胞を活性化させる作用があります。

 

テアニンはシスチンが体内に取り込まれるのを助けるため、
シスチンを摂取する場合もテアニンと一緒に摂取しましょう。

 

 

◆システイン
システインはシスチンが二つ結合したもので、
免疫力を高める効果を持っています。

 

 

日頃から意識してアミノ酸を摂取していると、
血液中のアミノ酸の濃度を高い状態に維持することができます。

 

 

血液中のアミノ酸の濃度が高ければ、
免疫力を高めることができますし、病気に掛かりにくくなります。

 

 

免疫機能に関わるアミノ酸は、
食生活やストレスによっても不足することがあるので、
日頃から意識してアミノ酸を摂取しましょう。