アミノ酸の副作用と効果・効能

アミノ酸の副作用と効果・効能

アミノ酸の副作用と効果・効能

 

アミノ酸とは

アミノ酸とは、タンパク質を構成する最小の成分のことです。

 

 

アミノ酸は全ての生命の素で、地球上のあらゆる動物や植物も
アミノ酸が作り出すタンパク質から出来ています。

 

 

体を構成している細胞や、DNAもアミノ酸から作られています。

 

 

アミノ酸は、現在確認されているだけで、約500種類ほどあり、
その中でも、人体を構成しているアミノ酸は約20種類です。

 

 

その20種類のアミノ酸のうち、人の体内で合成できるアミノ酸が10種類です。

 

 

残りの10種類の合成できないアミノ酸は、
「必須アミノ酸」と呼ばれ、食事やサプリメントで摂取しなければならないのです。

 

 

必須アミノ酸が不足すると、疲労の回復や、
体組織の回復がうまくできなくなり、いろいろな病気の原因になります。

 

 

必須アミノ酸は、普通に食事している場合は不足することはありませんが、
食事制限している人や偏食の人、高齢者は不足しやすいでしょう。

 

詳しくは、「アミノ酸とは」へ

 

 

アミノ酸の副作用

 

アミノ酸はタンパク質の構成成分なので、
通常の摂取では副作用を起こすことはありません。

 

 

しかし、アミノ酸を過剰摂取した場合や、体質によって、
アミノ酸の摂取による副作用が起こるケースがいくつかあります。

 

 

アミノ酸ごとに副作用をまとめてみました。

 

詳しくは。「アミノ酸の副作用」へ

 

 

アミノ酸の効果・効能

 

アミノ酸には、様々な効果効能があります。

 

 

総合的な部分でいえば、筋肉の増加や維持に最も効果・効能がありますが、
それだけではなく、健康や美容に関してもアミノ酸は不可欠です。

 

 

アミノ酸の効果・効能を非必須アミノ酸、必須アミノ酸、
遊離アミノ酸に分けて、個別のアミノ酸ごとに、効果・効能をまとめてみました。

 

詳しくは。「アミノ酸の興亜・効能」へ