アミノ酸で睡眠を改善

アミノ酸と睡眠

アミノ酸睡眠の質を良くします。

 

 

質の良い睡眠をとるために、「グリシン」というアミノ酸が役立ちます。 

 

 

グリシンは、非必須アミノ酸の1つで、体内合成できるアミノ酸でもあります。

 

 

睡眠は、身体の眠りであるレム睡眠と、
脳の眠りであるノンレム睡眠に分けられます。

 

 

ノンレム睡眠の中で、特に眠りの深い段階は、「徐波睡眠」とよばれています。

 

 

この徐波睡眠では、成長ホルモンが活発に分泌され、
筋肉や皮膚の修復を促します。

 

 

寝る前にグリシンを摂取した場合、特にグリシンを摂取しない時よりも、
睡眠の質を改善する効果があることもわかっています。

 

 

また、グリシンは、通常のタンパク質に含まれているアミノ酸です。

 

 

特にエビやホタテ、イカ、カニ、マグロなどの魚介類に豊富です。

 

 

そのため、意識してタンパク質の摂取をしていれば、
1日に約3〜5gのグリシンを摂ることができます。

 

 

しかし、特に睡眠の質を改善したい方は、
眠る前にグリシンを摂る必要があります。

 

 

摂取量としては、約3g程度ですが、
寝る前にそれだけの量をとるには難しいので、サプリメントで摂取しましょう。

 

 

また、睡眠の質をよくするアミノ酸として、ギャバ(GABA)が効果的です。

 

 

ギャバ(GABA)は正式には
「γ-アミノ酪酸(4-アミノ酪酸)」というアミノ酸の一種で、
脳や脊髄に多く含まれています。

 

 

体内では神経伝達物質として作用する
非必須アミノ酸であるグルタミン酸から合成されています。

 

 

ギャバ(GABA)は、γ-アミノ酪酸の英名である
「Gamma-Amino Buryic Acid」の頭文字に由来しています。

 

 

GABAは抑制系の神経伝達物質で、
心を落ち着かせてリラックスさせる効果があります。

 

 

ギャバが不足すると睡眠に障害が出るといわれており、
実際、不眠症の人の脳内では、正常な人と比べると
約30%もギャバの量が少ない事が分かっています。

 

 

また、ギャバは睡眠中に生成されていますので、
不眠の方は、それだけでギャバが生成されにくい状態であり、
それがさらなる不眠を招く悪循環になります。

 

 

ギャバの摂取量は、1日あたり100mg〜1,000mgと幅があります。

 

 

ギャバは過剰摂取した場合、副作用はありませんが、
呼吸が早まり、手や顔がピリピリと不快な症状が出ることがありますので、
このような症状が出ましたら、摂取量を減らしてください。