アミノ酸は筋肉を増加する最強の成分

アミノ酸と筋肉

アミノ酸筋肉には不可欠な成分です。

 

 

筋肉を作るための原料となるのがタンパク質で、
そのタンパク質が分解されたものが「アミノ酸」です。

 

 

私たちの体は約60〜70%が水分で、残り約50%がタンパク質でつくられています。

 

 

筋肉のみに着目すると、水分を除く約80%がタンパク質です。

 

 

そのためアミノ酸は、筋肉の維持、発達に欠かせない成分なのです。

 

 

多くのアミノ酸は体内で合成されますが、
10種類のアミノ酸(必須アミノ酸)については、
体内で合成されないので、食事やサプリメントで摂る必要があります。

 

 

この必須アミノ酸はどれか一つが欠けてもダメで
全て揃わなければ筋肉は作られません。

 

 

◆必須アミノ酸
 ・ロイシン
 ・イソロイシン
 ・バリン
 ・メチオニン
 ・スレオニン
 ・トリプトファン
 ・フェニルアラニン
 ・リジン
 ・ヒスチジン

 

 

その中で特に、筋肉に重要なのがBCAAです。

 

 

BCAAとは、ロイシン、バリン、イソロイシンのことで、
この3つのアミノ酸は枝分かれした構造を持っています。

 

 

BCAAは食べ物のタンパク質に含まれる必須アミノ酸の約50%、
筋タンパクにおいては必須アミノ酸の約35%を占めており、
筋肉を構成している筋細組織の素材となっています。

 

 

BCAAのひとつであるロイシンは、
筋タンパクの分解抑制と合成促進の働きがあり、
筋肉量の増加には不可欠です。

 

 

ほとんどのアミノ酸は肝臓で代謝されるのに対し、
BCAAは主に筋肉に運ばれ代謝されます。

 

 

それは、BCAAが筋肉で
エネルギーとして使われているからなのです。

 

 

つまり、高強度なトレーニングを行なうと、
筋肉中のタンパク質が分解されないように
まずはBCAAがエネルギー源として利用されます。

 

 

BCAAを補給すれば、筋肉の損傷をすばやく回復し、
筋肉痛や筋肉疲労の防止、筋肉分解の抑制に役立ちます。

 

 

BCAAの摂取タイミングとしては、
トレーンニング前、中、後がいいでしょう。

 

 

BCAAの摂取量としても、
トレーニング30〜45分前に5〜10g、
トレーニング時間が1時間以上ならば
トレーニング中に5g、トレーニング後に5g程です。